脱毛クリームは顔に使っても良い?

今日は脱毛クリームの使用部についてお話させていただきたいと思います。まず脱毛クリームとは脱毛剤の一種の事でアルカリ性の成分を使って毛を溶かし抜き取る外部医薬品の事です。外部医薬品とは国が一定以上の基準をクリアした商品に対して出す分類で人体への影響が軽微なものとなっており、化粧品等と同じ分類になっております。

ただし、外部医薬品と言っても化粧品の様に肌に合わない場合や、肌が弱い場合には炎症を起こす可能性もあります。使用前にはしっかりとチェックを行い、安全面を確認してからのご使用をオススメします。

また脱毛クリームは種類が多くあり、全身用等の比較的肌が強い部分をまとめて使用できる商品から顔用等の様に専用部分の使用を目的とする商品まであります。顔用等の脱毛クリームを使用する場合、体のどの部分に使っても問題は無いのですが、やはり顔用では足や腕に使う分には効果的に期待はできません。

仮に男性のヒゲを脱毛したい場合には顔用では無く全身用等の効果の高い脱毛クリームをしようすることをオススメします。

また脱毛クリームを顔に使う場合には使用後のケアをしっかりと行って頂く必要はありますが、男性がヒゲを剃る場合のカミソリ負けを考えると手軽にある程度の長期的な使用が出来るため、脱毛クリームを使用することをオススメします。

また定期的な使用が嫌な方の為に永久脱毛用の脱毛クリームもありますので、是非ライフスタイルに合った脱毛剤を使用して無理なくムダ毛処理をしていきましょう。

脱毛クリームはIラインに使っても良い?

Iラインの処理を皆様はどう行っていますか?エステ等で行う場合高額でしかも中途半端になってしまう場合があります。そこで私は脱毛クリームを使用する事をオススメしています。

脱毛クリームは外部医薬品の認定を受けているものがほとんどで、通常使用の場合の肌への影響は非常に軽微なものとなっております。ただいくら軽微な影響であるとは言ってもやはり肌に合わない場合や肌が弱い方では肌荒れの原因となり、酷い場合にはカブレる事があります。肌の弱い方は特に注意して使用して下さい。

Iラインは非常にプライベートな部分となっており、肌荒れ等を起こしては大変な事になると思います。そのため通常の部位を使用する以上に気を使い、ジェルタイプの脱毛クリーム等を使い慎重に脱毛して下さい。

ジェルタイプの脱毛クリームは初心者の方でも伸ばしやすい、ムダ毛を処理したい場所だけに塗ることが可能な為、Iライン等の非常にデリケートな部分への使用には重宝すると思います。また低刺激な脱毛クリームもあるため、自分の肌や部位にあっている脱毛クリームを見つける事が出来れば、Iラインの処理ももっと簡単に出来るようになると思います。

何度も言わせて頂きますが、Iラインは非常にプライベートでデリケートな部分である為使用する場合には十分に注意をし、慎重に丁寧な使用を心がけて頂きたく思っております。

しっかりと注意点を守り、丁寧な使用を心がければあなたの生活がきっと明るくなると信じております。

脱毛クリームはVゾーンに使って良い?

カミソリが届きにくいデリケートな部分まで使用する事の出来る脱毛クリームですが、Vゾーン等の非常にデリケートな部分にしようする場合は注意が必要です。脱毛クリームはアルカリ性の成分が入っている事がほとんどですので、アルカリ性の成分に肌が弱い方は使用しない方が無難でしょう。

ただし、夏場などでどうしても使いたい場合はまずテスター等を使い、肌に合うか否かを確かめてからの使用をオススメします。テスターを使う事により、使用した場合の肌への影響をある程度予測できます。テスターを使用した部分が肌荒れになってしまう場合には脱毛クリームをVゾーン、Oライン、Iラインに使用されないことを私は推奨致します。せっかくキレイにしたいのに肌荒れ等を起こしては本末転倒です。使用する場合には細心の注意を持って使用をして下さい。

脱毛クリームは非常に便利な商品ですが、注意点を守って使用し無いと肌荒れやカブレを引き起こす可能性もあります。Vゾーン、Oライン、Iライン以外の部位で使用する場合もしっかりと注意点を守り使用して下さい。

脱毛クリームにはジェルタイプの物があり、Vゾーン、Oライン、Iラインへ使用する場合にはそちらの使用をオススメします。大変に伸ばしやすい為、間違って他の部位に脱毛クリームが付く事を防いでくれますので是非Vゾーン、Oライン、Iラインへのご使用はジェルタイプの脱毛クリームを使用し、海などで楽しい休日をお過ごし頂く事を願っております。

脱毛クリームはOラインに使って良い?

今日はOライン、Iライン、Vゾーンへの脱毛クリームの使い方についてお話させて頂こうと思います。まず脱毛クリームはアルカリ性の成分が含まれており、アルカリ性の成分で毛を溶かして脱毛するということを頭に入れておいて下さい。

外部医薬品との認定を受けている脱毛クリームがほとんどとなっており、肌への影響が化粧品同等程度となってはいますが、やはりアルカリ性の成分が入っている為、肌が弱い方の使用は注意が必要となります。また肌に合わない場合もある為、一度テスターを使ってからの使用を推奨しております。肌が弱い方や肌に合わない場合には「肌荒れ」「カブレ」等の症状が出る可能性がありますので、初めての方はテスターを使用する様にして下さい。

またOライン、Iライン、Vゾーンは出来る事ならキレイに脱毛したい事かと存じます。

テスターを使用後にまずは腕や足等の部位を脱毛して、異常があるか無いかを確かめるようにして下さい。

エステに行き脱毛するよりは非常にお手軽で短時間ででき、カミソリ負け等の直接的な肌荒れは無いと思いますが、やはりデリケートな部位になっておりますので個人的にはジェルタイプの脱毛クリームをオススメしています。

ジェルタイプの脱毛クリームは乳液タイプと違い、自分の思った通りに伸ばす事が出来るのが特徴です。細かい部分やデリケートで失敗したく無い部位にはジェルタイプの脱毛クリームを使用して下さい。きっとOライン、Iライン、Vゾーンへの使用でも皆様のご期待通りの効果が得られると思います。

脱毛クリームは全身に使っていい?

本日は脱毛クリームについてお話させて頂きます。

脱毛クリームは皆様の知っている通り、大変便利な物です。しかしながら脱毛クリームはアルカリ性の溶液で毛を溶かし脱毛します。その為肌の弱い方や肌に合わない場合には炎症を起こしひどい場合ではカブレてしまいます。なので使用前に必ずテスターを使い安全を確認してから使用するようにして頂きたいです。

また使用箇所の注意点なのですが腕や背中等は全身用脱毛クリームでまとめて使用していただいても肌への影響は同じなのですが、全身用の脱毛クリームでは顔は肌荒れになりやすいと思われます。そこで最近では脱毛したい部分毎に専用の脱毛クリームがあるので、顔等の肌が弱い部分についてはそちらを使用する様にして下さい。

また脱毛クリームは毛根を死滅させる事は出来ない為、その効果は一時的なもので定期的に使用しなくてはいけません。ただし、2週間程度の間隔で十分ですので、非常に重宝します。また、脱毛クリーム中には永久脱毛用のタイプもあり、そちらは肌への影響も大きくなってしまいますが、一度使用するだけで永久脱毛の効果がある為オススメします。

使用後のケアですが、脱毛した後すぐにお風呂に入りキレイに洗って下さい。薬が肌へ付着したままでは肌荒れになってしまうので必ずお願い致します。その後化粧水を付けしっかりと保水をして下さい。そこさえしっかりと行っていれば肌荒れの心配も無く気軽に使用できると思います。大変便利なものですので是非お試しください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。